空室対策5つの方法

何をすべき?空室対策5つの方法

賃貸経営をしている大家さんにとって常に気になること、それは空室リスクだと思います。

空室対策と一言でいっても、やることは一つだけではありません。

では、どういった方法があるのでしょうか。

今回は、5つのパターンと大家さんとして心掛けるべきポイントをご説明します。


空室対策でやるべき5つの方法

空室対策でやるべき5つの方法

1.競合物件などを調査して、適正賃料に見直す

2.礼金ゼロやフリーレントなど、賃貸条件を工夫する

3.リフォームやリノベーションをして、物件力を上げる

4.定期清掃や外壁塗装など建物のメンテナンスをして、入居者に安心して住める環境を作る

5.24時間サポートの導入や更新時サービスなどをして、退去防止の対策を取る

空室対策では実行すべきことは色々とあります。

1~3は、入居者の退去があって、空室となってしまった場合の対策。

4・5は、現在の入居者を大切にして、そもそも空室を発生させない為の対策です。

退去が発生すると、少なくとも何日、長ければ何カ月もの間、家賃が入ってこない状況になります。

また、1~3の対策は空室が発生してしまった場合には必ず行わないといけないです。

しかし、これらを実行するためには今よりも収益が下がる、または多額の費用が必要となるものもあります。

そのため、4・5の対策についても日頃から意識しておく必要があります。

つまり、現在住んでもらっている入居者に「出来るだけ長く住み続けたい」と思ってもらえる環境を提供することが大事です。

結婚や転勤などの理由で解約があるのは仕方のないことですが、住み心地が悪いといった理由で退去されてしまうことは無いように対策を講じるようにしましょう。

そのほうが結果として、賃貸経営が安定するようになります。


まとめ

空室対策というと、どうしても1~3の対策に目がいきがちですが、4・5の方にもしっかりと意識を向けて賃貸経営を行っていきましょう。

“空室対策=満室対策”です。

空室対策は空室が出たときだけ考えればいいというものではなく、部屋がしっかりと埋まっているときにも、満室を維持するための対策をしっかり行うようにしましょう。

そして、入居者募集・賃貸管理を任せる不動産会社を選ぶ際には、日常の業務でそういった所を意識して行っている管理会社を選ぶようにしましょう。

また、自主管理で入居者対応を行っている大家さんは、頼りになる管理会社に管理委託をお願いする、または今の入居者さんに対して、長く住んでもらうために行うべきことは何かを考えて、自らでちゃんと実行するようにしましょう。

 
台東区・荒川区の大家さん限定
地域No.1、1940年創業の老舗管理会社が、賃貸経営で悩んでいる大家さんの不安やお困りごとを解消します。

☆”あなたに合った賃貸経営の方法をご提案”するプライベート相談(個別相談)

☆”10年後の賃貸経営で苦労しない”ためのセミナー・勉強会

関連記事

  1. 最近の入居者は人気の設備は何?人気設備ランキングTOP10を発表!

    最近の入居者に人気の設備は何?人気設備ランキングTOP10を発表!

  2. 大家さんだからこそ出来る防犯対策とは?

    今からでも出来る!入居者に満足してもらうための防犯対策とは?

  3. 空室対策として大事な考え方

    空室対策として大事な考え方とは?

  4. 空室対策,減らす,ポイント,賃貸経営

    家賃収入が無い状態を解決!空室を減らすためのポイントは?

  5. 営業力の強い管理会社とは

    空室のままでは家賃も入ってこない!営業力の強い管理会社とは?

  6. 賃貸経営で高齢者は受け入れるべき?孤独死リスクと具体的な回避法

    賃貸経営で高齢者は受け入れるべき?孤独死リスクと具体的な回避法

  7. 不動産会社に入居者募集を手抜きされていませんか?

    不動産会社に入居者募集を手抜きされていませんか?

  8. 経年劣化による家賃の下落率

    経年劣化による家賃の下落率ってどのくらいなの?

アーカイブ

カテゴリー


一生で平均5,000万円かかる住宅費。適正価格の見極め方、賢いローンの組み方、貯金が増える家計シミュレーション、生涯の住宅費を2割削減する方法まで
マイホーム購入で損しないための基礎知識を学ぶ、入門編講座(参加無料)です。