賃貸経営で設備の事前予防

入居率UPにも!設備トラブルは予測して未然に防ぐ!

賃貸経営を行う上では、入居者からのトラブルは付きものです。

トラブルが発生してしまったら、的確かつ迅速に対応するのが最善の策です。

もし、それが出来ないと入居者の退去に繋がってしまうかもしれません。

そして、特に設備系のトラブルでは、もし起きてしまったらすぐに対応する必要がありますが、一番良いのはトラブルを出さないことです。

では、どのようにすればトラブルを予防することが出来るでしょうか?

このページを見て頂くと、設備トラブルを未然に防ぐ効率的な賃貸経営の運営方法が分かります!


寿命が近づいてきている設備を早めに交換する!

エアコンや給湯器が故障するなどといった、設備トラブルがいつ発生するのか予想を的中させるのは不可能です。

しかし、確かなことは、設備は古くなっていくと故障が発生しやすくなります。

そこでオススメは、そろそろ寿命が近づいてきている設備は早めに交換をすることです。

「まだ十分に使えるのにもったいない」と思うかもしれませんが、古い設備のまま修理を繰り返す、または緊急性が求められて慌てて交換をするよりも、余裕のある時期に自分で商品を選んで交換をした方が結果的にはコストも安くすみます。

事故や不具合が起きてから、事後に対処する“事後保全”ではなく、事故や不具合が起きる前にあらかじめ適切な対処を施す“予防保全”が大事になります。

また、設備を新しくすれば、入居者からのイメージも良くなり、入居率もアップします。


設備の交換時期とは?

アパートやマンションに設置してある設備の交換時期の目安を紹介します。

・エアコン 約10年前後

・ガス給湯器 10~15年

・換気扇 10~15年

・IH、ガスコンロ 10~15年

・温水洗浄トイレ 10~15年

・インターホン 10~15年

・便器、ロータンク 15~20年

・洗面台 15~20年

・キッチン本体 15~20年

※上記の時期は目安であり、製品の品質や、使用状況などにより異なります。


まとめ

賃貸経営では、いかに入居者さんに長く住んでもらって満室を維持することが出来るかが大事なポイントとなります。

満室経営でいくのと、退去が発生し新たに募集するコストを天秤にかけて考えれば当然のことでしょう。

設備は壊れていなくとも、見た目が古くなっているだけで、入居者から敬遠されてしまいます。

入居者の満足度をアップするためには、適時タイミングを見計って交換することがベストです。

常日頃から入居者の満足度を向上することを意識して、満室を維持できるようにしましょう。

 
台東区・荒川区の大家さん限定
地域No.1、1940年創業の老舗管理会社が、賃貸経営で悩んでいる大家さんの不安やお困りごとを解消します。

☆”あなたに合った賃貸経営の方法をご提案”するプライベート相談(個別相談)

☆”10年後の賃貸経営で苦労しない”ためのセミナー・勉強会

関連記事

  1. 返済方法には元金均等と元利均等がある!その違いって?

    返済方法には元金均等と元利均等がある!その違いって?

  2. 営業力の強い管理会社とは

    空室のままでは家賃も入ってこない!営業力の強い管理会社とは?

  3. 民法改正で変わる賃貸借契約と賃貸市場への影響

    民法改正で変わる賃貸借契約と賃貸市場への影響

  4. 空室対策,外国人,賃貸経営

    空室対策に外国人の受け入れは重要?メリットとデメリットをご紹介!

  5. 賃貸経営の運営費は毎年どのくらい必要なの?

    賃貸経営の運営費は毎年どのくらい必要なの?

  6. 賃貸経営の戦略

    あなたの賃貸経営に戦略はありますか?

  7. 賃貸経営で高齢者は受け入れるべき?孤独死リスクと具体的な回避法

    賃貸経営で高齢者は受け入れるべき?孤独死リスクと具体的な回避法

  8. 空室対策として大事な考え方

    空室対策として大事な考え方とは?

アーカイブ

カテゴリー


【生涯続く家賃収入を手に入れる】物件選び、収支計算、融資、節税、管理、空室対策、リフォームなど、不動産投資家になるために必要なスキルをゼロからすべて学べます。